すろーのマイクラ日記

【更新中】楽しいんで暫く普通のサバイバルメイン

【マイクラ】無限にふえるディメンション!~えっ?今年のエイプリルフールってもう終わったの?~【スナップショット20w14∞】

 

f:id:suroo:20210426225138p:plain

 

どーもこんにちはすろーです(`・ω・´)

いやー、今日はエイプリルフールですねー!!(棒)

 

と!いうわけで今回は!

2020年のエイプリルフールに公式がしかけた特殊なスナップショット、

スナップショット20w14∞で遊んでいきたいと思います!

なんだかとんでもないディメンションがある模様…。

 

エイプリルフールまったく関係ない日ですが!

本日もよろしくお願いします!

 

 

 

 

スナップショット20w14「∞」

 

まずはスナップショット20w14∞ってなんぞや?って話ですが、

これは2020年のエイプリルフールに公式が用意したネタで、

なんとほぼ∞とも言える数のディメンションが追加されちゃいます!

 

簡単に言うとエンドとかネザーみたいなのが

∞に追加されるスナップショットってわけ!

 

f:id:suroo:20210426225349p:plain

 

もちろん、エイプリルフールネタなので

実装されるわけではないんですが、

Java版プレイヤーのみなさんはスナップショットの一覧から

今でもプレイできるのでぜひやってみて下さい♪

 

遊び方はもうかなり出尽くしていそうなスナップショットですが、

プレイヤーからみれば∞にも思える量のディメンションがあるので

色々な遊び方を探していこうと思います!!

 

「どーもこんにちはすろーです!」の世界

 

さて、それでは早速ひとつめの世界に行ってみましょう!

それでこのエイプリルフールディメンションの行き方なんですが、

シンプルで、ネザーゲートに記入済みの本をぶちこむというもの!

 

f:id:suroo:20210426225516p:plain

 

ってことで、こーんな感じでお好みで「本と羽ペン」に記入!

こうして本文に書いた内容に応じて、世界の中身が変わります。

まぁ内容に関係があるディメンションになるわけじゃないですが…。

 

せっかくなので、いつもの挨拶!

「どーもこんにちはすろーです(`・ω・´)」

ワールドを作っていこうと思います!

 

f:id:suroo:20210426225217p:plain

 

ということで!

着火したネザーゲートに向かって署名した本をぽーんと投げて…!

 

これでゲートの色がかわって、

「どーもこんにちはすろーです(`・ω・´)」の世界が完成!

さっそく飛び込んでみます♪

 

f:id:suroo:20210426225224p:plain

 

ということでやってきました…がなかなかの見た目ですね…。

 

上空には大量のエンドシップが生成され、

その後ろにはかなり奇抜な緑と黒の塊がつくられています…。

なんというか…まがまがしいという言葉が合いますね"(-""-)"

 

下の方には大量にフェンスゲートも生成されていて、

どうもこのフェンスゲートがワールドをかなり重くしてる様子です…。

エンド感がありますが、モンスターはピグリンやスケルトンがスポーン。

 

これが…私の挨拶の世界か……。

 

雪原?それとも砂漠?の世界

 

お次は「無限の本棚」というアイテムでディメンションを作ります!

無限の本棚はスラッシュを打ってチャット欄を呼び出して、

/give @p minecraft:book_box

というコマンドを実行して入手できます!

 

f:id:suroo:20210426225212p:plain

 

無限の本棚はこんな感じのブロックで、

ぱっとみ普通のブロックなんですが、クリックすることで

その座標ごとに内容のちがう記入済みの本を生み出します!

 

ようはこのブロックを使えばわざわざ自分で本を書かなくても

置く位置をかえればドンドン本が手に入るので

本にいちいち記入するのめんどくさいよーって人はこれでやりましょう!

 

f:id:suroo:20210426225233p:plain

 

ってことで適当な座標から抜き出した本で

またまたゲートを作って出発!!

 

f:id:suroo:20210426225239p:plain

 

すこし緑がかった幻想的な世界にやってきました!

 

一見すると雪と氷の平地が広がってるのかな?

とも思えますが、どうやら地面は砂になっているみたい!

砂漠の砂×雪原の雪とはなかなかの組み合わせですね…。

 

f:id:suroo:20210426225247p:plain

 

しかも下の方はスポンジの浮島になっているみたいで、

そのさらに下には「廃坑」らしきものまでありました…。

雪、砂、スポンジ、そして廃坑…とても人じゃ思いつかない世界観ですね…!

 

ガラスの天井の世界

 

お次も「無限の本棚」から、別の座標の本棚で

ディメンションをつくってみたいと思います!

 

f:id:suroo:20210426225517p:plain

 

そういえば、ゲートの色は毎回ちがうんですね!

これでどれがどのゲートか覚えとけってことなのかな?

それじゃあお次のディメンションへ出発!

 

f:id:suroo:20210426225509p:plain

 

やってきたのはまたしてもなかなか禍々しい世界。

かなり地形が複雑で、しかも全体が紫がかっていますね!

 

空中にはガラスブロックが天井のようにまだらにあって、

ちょこちょこ大きめの島っぽいのもありますね!

そこからはまさかの赤チューリップがツタのように垂れています!

どことなくちょっとネザー感がありますね~。

 

 

 

ラングトンのアリの世界

 

お次はイクラ公式が用意している秘密の世界に行ってみます!

 

これは、これまでのランダム生成で作られていた世界とちがって、

本に書くことばを特別なものにすることで、

ちょっと特別なディメンションに行くことができるというもの!

 

今回は43あるディメンションの中から、ひとつピックアップです!

 

f:id:suroo:20210426225300p:plain

 

ってことで今回入力したことばは「ant」…アントつまりアリですね!

こんな風に一面まーーっしろな世界にやってきました(*^-^*)

 

ここのどこにアリ要素が?って話ですが、

このディメンションのには特別なアイテムが1個ありまして…。

 

f:id:suroo:20210426225309p:plain


それがこちらのantブロック

これは「ラングトンのアリ」という、ある規則で動くブロックです。

 

・白いマスにいる:90°右に、そのマスを黒くして一マス前進

・黒いマスにいる:90°左に、そのマスを白くして一マス前進

 

と、シンプルに見えるような規則で動いてのですが、

これが意外になかなか複雑な動きをして面白い…って感じのものです!

 

詳しいことはぜひ調べてみてね!

動画とかでみると、ほぇー、こんな動きするの?!ってなるハズ。

 

すろーのマイクラ日記の世界?!

 

最後に!

せっかくなので「すろーのマイクラ日記」という言葉で

ディメンションを作って遊びに行きたいと思います!

もうこれは私のための世界といっても過言じゃないよね!!

 

f:id:suroo:20210426225317p:plain

 

このスナップショットはこういう遊び方ができるのが面白いです。

ゲートの色は緑!それではさっそく行ってみましょう(#^.^#)

 

f:id:suroo:20210426225324p:plain

 

ってことでやってきましたこちらが私の世界…ってなかなかな見た目ですね…。

 

場所によって色の雰囲気がそれぞれ異なっているようで、

使われているブロックも全体的にカラフル…。

ゲーミングうんぬんって名前の商品につかわれてそうな色味ですね。

 

ベースは山岳バイオームっぽくて、

空中にはまばらに骨じゃないブロックも使われた化石

地面にはカボチャや何段かつんだカーペットがあったり!

 

f:id:suroo:20210426225334p:plain

 

場所によっては溶岩湖や、ちょっと川っぽくなってるところも。

なんというか形容しがたい雰囲気の世界ですねΣ(・ω・ノ)ノ!

生息しているのはどうやらマグマキューブのようです。

 

f:id:suroo:20210426225342p:plain

 

場所によっては石炭鉱石のような感覚で、

ガラスやビーコンが固まっているような場所もありました!

なかなか独創的なワールドにきちゃいましたね!!

 

 

 

〆のあいさつ

 

ってなわけで今回は、スナップショット20w14∞をつかって、

色々なディメンションに行って遊んでまわってみました!!

 

エイプリルフールじゃないのに何で急にやっとるねん!って話ですが、

ほんとはエイプリルフールにやる予定だったんですよ!

でもね、その日はYoutubeはじめるって連絡やりたかった日なんですよ!!

 

それでその後なんやかんやで先延ばしになって、

あれ…いつやろう…?となった結果の今日だったのでした。(笑)

 

ってとこで最後までお付き合い頂きありがとうございました(`・ω・´)

それでは、また次回!どろん。